うすげ

薄毛は遺伝ではないの?

親の髪をみてたから自分がハゲることを覚悟していたという人は多いのですが、
実際遺伝による薄毛は悩む人たちの4%にすぎないということです。

薄毛が遺伝すると信じられてきた理由として、
一緒に生活している家族は、基本的に生活習慣が同じだからです。
同じものを食べて、髪に対する扱いは親と同じ、
しいて言うならは飲酒や喫煙はしていないでしょうが、大人になれば同じことです。

実際に強い遺伝で薄毛になり始める人の多くは、10代後半から始まり、
20代で薄くなり始め、30代ではハゲてしまうのです。
それらより後に症状が出るということは、生活習慣やストレス、
頭皮の扱いに問題があると考えられるでしょう。

特に生活習慣やストレスは現代病といってもよいくらいでしょう。
仕事が忙しいからと髪を乱暴に洗っておざなりに放置するのは、
男の人には特に多いのですが、髪形の問題ではなく日々の行いによって頭皮は傷んでいきます。

また仕事の付き合いでお酒を飲んだり、眠りにつくのが午前様が当たり前の状態では
髪にいい状態は少しもありません。

実際に薄毛になって悩むようになった人が医師や専門の人に相談した結果は、遺伝の人はわずかで
多くの人は生活習慣やストレス、頭皮のケアなどによって1年以内に結果が出ています。
主な治療としては頭皮の状態にあったシャンプーなどによるケアや生活習慣の見直し、
ストレスに対してはそれぞれによって対策が取られています。

遺伝だと初めから諦めないで、頭皮に状態を確認し、自分の食生活や酒の量、喫煙なども顧みて、
また睡眠もしっかりととっているのか、まずは自分で確認してみてください。
改良できる点がありましたら、少しずつでいいですので改良していきましょう。
その際に専門家に頼ることも恥ずかしいことではありません。

頭皮の状態が髪を生やすのに一番大事ですが、自分では確認しにくいのも事実なのです。
またストレスに関しても自分だけで抱え込んでいても解決しないようでしたら、
リラックスさせてくれる方法もあり、薄毛の解決になるでしょう。

Menu