うすげ

清潔な頭皮を保って薄毛対策

髪が育つ条件は、丈夫な毛細血管を通して運ばれる栄養素と清潔な頭皮と血管から供給される酸素です。
「頭がかゆい」「フケが出る」と乱暴に扱っていては、
すでに頭皮が炎症を起こしている可能性がある場合は、不衛生な頭皮環境にあり、
頭を清潔にしていないと多量の皮脂や汚れが毛穴をふさいでしまうのです。

頭皮の清浄と清潔は、正しいシャンプーの仕方http://www.bacfestival.com/tadasii.html
によってなりたちます。
なんといっても髪の元となる毛根には新鮮な酸素が必要であるにも関わらず、
供給を遮断してしまいます。

頭皮が汚れで覆われると皮膚が呼吸する力がなくなり、
髪の毛を作り出すはたらきのある毛母細胞への酸素補給が不足してしまうのです。

人間が酸素がなければ生きていられないように、酸素が不足した毛母細胞は弱り、
脱毛の原因となっていくのです。
また「頭がかゆい」「フケが出る」のは汚れが原因と分かったからと、
強力なシャンプーで強く洗っては逆効果です。

さっぱりするというのは問題外で、皮脂まで取り除いてしまったら
頭皮の肌荒れや炎症を起こしているようなものです。
皮脂を取り除くことによってまた新たな皮脂が分泌されて、その結果が新たなフケや毛根細胞を
塞ぐことになり、育つ髪を守るどころか、余計に頭皮の状態をひどくしてしまいます。

ではどうすればいいのかといいますと、シャンプーはアミノ酸系などの頭皮に優しいものを選び、
薄毛が気になっている場合は育毛シャンプーを選びましょう。

まずは軽く湯で頭皮を洗い、それからシャンプーで洗います。
洗い方も爪を立ててではなく、指の胎を使ってマッサージするイメージで洗いましょう。
ただし抜け毛を恐れて、触るだけの洗髪では頭皮の汚れは落ちません。
ゴシゴシとまではいかなくてもある程度の力は込めて洗いましょう。

そしてすすぎは丁寧に丹念に行いましょう。
洗い残しは新たな汚れとなって、毛根細胞に付着してしまいますので気を付けましょう。
汚れを落とした頭皮から酸素は吸収されて毛根細胞に届けることができるのです。

Menu