うすげ

ストレスや加齢が薄毛の原因になる?

ストレスがひどくなりますと身体のあちこちに異変が起きます。
それは自律神経が上手く働かなくなるからであり、自立神経の交換が上手くできなくなるからです。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、ストレスによって神経が高まったまま、
副交感神経が働かないこともあります。

副交感神経とは夜などリラックスして眠っている時などに働く神経で、
髪を育毛する毛根に栄養などを運ぶ神経も当てはまります。
ストレスが不眠などを引き起こしてしまっていますと、ますます毛根に栄養は届きません。

つまりは頭皮の毛細血管の働きが悪くなり血管が急に拡大したり、急に締め付けられたりしていると、
髪の毛に栄養を安定して送れなくなり抜け毛が起こってしまうのです。
実は抜け毛の多い人の頭皮は血行が良くないためか、頭皮の温度は一度低いと言われているほどなのです。
頭皮ケアには育毛シャンプーhttp://ms-t.jp/touhi.htmlが効果的。

何が原因でストレスになっているのかが分かっていてもなかなか解決できない場合や、
訳の分からないままストレスが溜まっているという人は、とにかくストレスが解消されないといけません。
何か気晴らしになることをするとか、それとも逆にリラックスさせるアロマやハーブに頼ってもいいでしょう。
お風呂にゆったりと浸かり、身体の芯まで温まって、眠りにつくというのもいいでしょう。

身体が温まっていると眠りにつきやすいですし、
ハープやアロマなどには神経を休めるものや睡眠効果があるものも多々あります。

ストレスは放置しすぎてはいけませんので、医師に診てもらうか、
抜け毛の方が気にかかるという人は専門家に相談してみるのもよいでしょう。
専門家には独自のリラックス方法などもあるのです。

自分の髪を一本抜いて、髪の太さが均一でなく、細くなっている部分が生えてきたときには、
ストレスを感じていたと考えられます。
髪には自分のストレスが記録されているといってもいいでしょう。

また頭皮においても老化を防ぐためには、
バランスの取れた食事と質のよい睡眠、適度な運動が必要といえます。
育毛シャンプーの口コミランキングはこちらhttp://www.luxlube.com/kuchi.html

Menu